価値観の多様化が不倫ブームを起こしている

5月 30th, 2016 Posted in | コメントは受け付けていません。

不倫サイトにおいて、人妻は根強い人気を誇っているようです。
理由は色々ありますが、やはり「すぐに肉体関係を結べるかも知れない」というイメージが大きいでしょう。
しかし、個人差はありますが、人によっては数名、もしかしたら数十名の男性を経験し、結婚に至ったわけですから、男性を見る審美眼はイメージ以上に鋭いのです。

不倫サイトを利用している人妻の多くは、根っからの浮気性というより、味気なくなった夫婦関係にうんざりしているのです。
そういった人妻にとって、黙っていてもアプローチしてくる男性会員は、浮気心をくすぐってくれる格好の材料というわけですね。
とはいえ、浮気心に火がついたとはいえ、中々一線を越えられない傾向にあります。
それは、家庭にトラブルを持ち込みたくないという自己防衛が要因です。

なので、人妻が不倫相手を選ぶ基準は非常に厳しいと思ってください。万が一、すんなり関係を結べるようであれば、その人妻は元々浮気性でしょうから修羅場が待っていることを覚悟しましょう。
人妻との関係を楽しむなら、不倫サイト内で終わっても仕方がない程度に考えておきましょう。実際の不倫関係ではないですから、人妻も開放的な気分になれるからです。

そういったコミュニケーションの末、人妻が
「この男性なら秘密を守ってくれるし、自分の都合に合わせてくれるだろう」
と判断すれば、実際に会うことも可能かと思います。
ですから、人妻にアプローチする際は、一般常識を忘れないようにしましょう。

価値観の多様化がもたらす不倫ブームについて

時代とともに価値観は多様化してきています。
例えば昔なら20代の前半を超えると結婚するのが当たり前でしたし、結婚相手とは死ぬまでそいどける事が当たり前でした。

もちろん昔だって結婚した相手が最悪で、もう別れたいと内心思っていた女性も少なくなかった事でしょう。
しかし離婚をして出戻るなんて世間が許してくれなかったのです。

当然女性は生涯でセックスをする相手は結婚相手ただ1人という人も多かったはずです。
今では考えられませんよね。

価値観は多様化し、結婚はするのも自由でしない自由もある。
結婚しても離婚をする人も増え、バツイチやバツニも珍しくはありません。
そしてセックスに関しても結婚前にしますし、結婚後もパートナーに内緒でセフレと不倫セックスをしているという人だって公にはならないものの実はたくさん存在しているのです。

一度切しかない人生ですから我慢をするなんてもったいなくないですか?
自分の生きたいように生きるべきですよね。
セックスをしたいなら不倫サイトでセフレを作ればいいという考え方は実にストレートな考えです。その考えが最近の不倫ブームを起こしています。
もちろん世間体を考慮すればセフレに対するイメージはまだいいとは言えない段階ですが、しかしあえて世間にセフレがいる事を公言する意味なんてどこにもありませんよね。

むしろセックスは秘め事の部類に入ります。
当事者が2人で楽しめばそれで何も問題はないのですから、セックス観が一致する相手を見つければいいのです。